機械式時計を大事に一生使い続けるためには?


機械式時計を使うなら手入れはとても重要に

機械式時計には一般的なクォーツ式時計とは違って独特の魅力があるために気になっている人も少なくないでしょう。しかし、機械式時計を使うなら定期的な手入れは欠かせないものです。
手入れをしていないと汚れによって見た目が悪くなるだけではなく、サビが生じて内部のムーブメントにまでダメージを与えてしまうことがあります。サビは素人では除去するのが難しいため、そうならないように手入れをすることで一生使い続けることが出来るのです。

自宅でも出来る簡単な手入れの方法

機械式時計の手入れは難しそうというイメージを持っている人も中にはいますが、実は素人でも自宅で簡単に手入れをすることが出来ます
毎日行うべき大事な手入れは身に付けていることで付着する汗や皮脂を除去するということです。これには綺麗な布とつまようじさえあれば短時間で誰でも行うことが出来ます。
ケースやガラス面を綺麗に布で拭いた後、裏蓋やブレスレットなど布では綺麗にすることが出来ない場所をつまようじで掃除をすることで機械式時計は綺麗な状態に保つことが出来ます。また、エアダスターなどを使うことでより細かいゴミを除去することも出来ます。

意外とやってしまいがちな間違った手入れとは?

機械式時計の手入れは素人が自宅でも簡単に行うことが出来ますが、中には素人だからこそやってしまいがちな間違った手入れの方法もあります。
多くの人がやってしまいがちな間違った手入れの方法は汚れが落ちやすいので水を使って洗ったりするということです。最近は防水機能が備わった機械式時計が多いのでやってしまいがちですが、わずかでも内部に水が入り込めば故障の原因になってしまいます。
サビが生じる原因ともなるので、防水機能があっても機械式時計の手入れに水は厳禁です。

ウブロとは、スイスの高級腕時計メーカーです。金とステンレス、ラバーゴムといった異なる素材を組み合わせて創り上げた時計で注目を集め、世界的に有名となりました。