電子タバコは節約にもなり健康にも良い!?


タバコが値上がりする中注目されている電子タバコ

喫煙を楽しむ為には通常紙巻きタバコを購入して、火をつけて煙を吸う必要があります。ただ、通常のタバコは値上りが続いていることもあって、商品によっては一つ500円を超えてくるものも増えています。タバコ本体の価格が高くなれば、気軽に一服といった感じには吸えなくなる人もいるでしょう。そこで注目したいのが電子タバコです。電子タバコは新しいタバコと言われ、長い目で見たトータル的なコストは紙巻きタバコに比べ安くなる事もあります。タバコ代がランチ代くらいに高くなった今、その新しい電子タバコに乗り換える方も多いです。ちなみに、電子タバコのリキッドは色々なフレーバーがあり、好みによって味を変えることも可能です。また、通常のタバコよりも多い煙を生み出せる商品もあり、タバコを吸っていると言う感覚も得やすいメリットがあります。

通常のタバコと電子タバコを比較した際の有害物質

また、電子タバコの魅力はタバコの害が少ない点にもあります。というのも、電子タバコで吸う煙はリキッドと呼ばれるものを使うからです。リキッドの成分は商品によって違いますが、ニコチンが含まれないタイプもあります。タバコの中でも有害物質として知られる成分がニコチン、タール、一酸化炭素ですが、国内で販売される電子タバコは法律の関係で基本的にニコチンが含まれていないので、ニコチンだけでも抑えたいと言う方にもメリットがあります。有害物質がゼロと言うわけではありませんが、通常のタバコに比べれば一部の成分は少ないと言う研究もあります。

vapeは、メンソールやバニラなどの香りのついたリキッドを熱し、発生した蒸気を吸うタイプの電気タバコです。ニコチンやタールが含まれていないので、健康的に楽しむことができます。