これでスッキリ!ぎゅうぎゅう詰めになったクローゼットを上手く整理するコツとは?


2年以内に着たかどうかを処分の判断基準にする

「新しいファッションアイテムを買い足したいけど、クローゼットがもういっぱい」という悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。でもクローゼットの中をちゃんと見直してみると、いらないファッションアイテムが意外と出てくるものですよ。しばらく着ていない服をなかなか捨てられないのは、「いつかは着るだろう」という気持ちが根底にあることが想定されます。しかしファッションというのは、2年間身につけていなかったら、今後も着る機会はほとんどないものです。せっかく購入したファッションアイテムを処分するのはもったいないと感じるかもしれませんが、何年も身につけていない服をずっと置いておくことのほうがもったいないと捉えるようにしましょう。「いつかは着るだろう」と思っている服を勇気を出して捨てることが、クローゼットに新しいファッションアイテムを迎え入れる良い機会になるのです。

どうしても処分できない服は専門店でリメイクをする

それでも思い出のファッションを捨てることが忍びないと感じる人は、リメイクを検討してみてください。たとえば肩パットの入っているジャケットを専門店でリメイクしてもらうと、見事に今風に蘇ることがあります。トップスの袖やパンツの裾をリメイクすれば、家族の体型にマッチすることもあるかもしれませんよ。ちなみに服のリメイクは、宅配便で受け付けてくれる来店不要の店舗も増加しています。クローゼットの中を整理して、本当に必要なファッションアイテムだけを残すことが、自分を変える第一歩になるのです。

ニコチンリキッドとは、ベイプのニコチン入りリキッドのことです。リキッドに含まれているフレーバーを楽しみます。