アンティーク家具を長持ちさせるためにやるべきことは?


年代物の家具の特徴を正しく知ろう

アンティーク家具は、元々の素材の特性や経年劣化などの理由で取り扱いが難しいものも少なくありません。特に、天然の木材をふんだんに使用したテーブル、箪笥、本棚といった大型のアンティーク家具については、手入れに長い時間を用意したり、専用のメンテナンス用品が必要となったりすることもあります。そこで、アンティーク家具をできるだけ長持ちさせたい場合には、各地の家具の販売店で比較的扱いやすい製品を紹介してもらったり、様々な木材の特徴を教えてもらったりするのがおすすめです。なお、製造から半世紀以上が経過している海外製のアンティーク家具については、細部の部品交換が難しいものもあるため注意が必要です。

手入れに自信が無ければ速やかにプロに依頼をしよう

アンティーク家具は、装飾や独創的なデザイン、木材の質感など様々な面で魅力があり、国内外に多くの愛好家がいることでも知られています。一方で、アンティーク家具のクリーニングや修理には、専門的な知識や技術が必要となり、購入後もある程度の維持費が発生します。そうした中、アンティーク家具の見た目や機能の劣化を防ぐには、自分でこまめにメンテナンスをするだけでなく、場合によってプロの職人に依頼をすることが大切です。たとえば、アンティーク家具の木材部分の大きな傷やひび割れ、腐食などのダメージについては、個人で対処できないケースがほとんどのため、購入先に実績がある修理業者を紹介してもらったり、自分で直接修理を依頼したりすることが肝心です。

アンティーク家具のアンティークとはフランス語で骨董品という意味で、製造されてから100年経過したものを指します。