アナログ写真をコンパクトに保管!デジタル化のすすめ


フィルムや写真の劣化に注意しよう

現在では写真はデジタル撮影が主流ですが、デジタルカメラが普及する前はフィルムカメラでの撮影が中心でした。それゆえ、アナログ写真やネガがたくさん残っているという家庭も多いのではないでしょうか。フィルムが残っていれば、写真が劣化してもまた焼き直すことは可能です。とはいえ、ネガも保管状態が悪いと劣化してしまいます。手で直接触ることも劣化を早めるので注意しましょう。専用のファイルなどに入れて、冷暗所で保管することがおすすめですが、湿気への対策もしっかりとしておきたいところです。ネガもデジタル化ができるので、大切なネガはそのまま保管するだけではなく、デジタル化しておくことも検討してみましょう。自分でデジタル化するなら、市販のフィルムスキャナーが便利です。

大量のネガをデジタル化するなら

大量のネガやアナログ写真を自分でデジタル化する場合は、多くの時間や手間もかかります。ゆっくりと自分のペースで進めていくこともできますが急いでデジタル化したいなら、専門の業者に依頼することも考えてみましょう。写真店では、ネガや古い写真をデジタル化してDVDなどに焼いてくれるサービスを提供しているところがあります。写真やネガを預けておくだけなので、自分で作業をする必要はありません。近くにお店がない場合も、ネガや写真を郵送することでデジタル化に対応してくれる業者も存在します。デジタル化をしておくと、バックアップも取れるので複数のメディアに保管できますし、クラウドの保管サービスも利用できるようになります。古い写真をSNSなどで共有したい人にもデジタル化はおすすめです。

思い出を色あせないものとして残しておけるのがフォトブックです。大切な人へのプレゼントとしても最適です。