正規品と並行輸入品はどう違う?高級時計の買い方について解説


安心して購入できる正規品

高級腕時計の買い方の一つが正規品を買う方法です。正規品はメーカー直営の店舗や時計専門店で購入できますが、時計専門店は正規ルートで輸入している正規代理店と並行輸入品を扱っている並行輸入店の2種類があるので注意してください。基本的に正規代理店なら正規店であることを打ち出しているので、何も書いていなかったら並行輸入店と考えてよいでしょう。正規店は商品の出所がはっきりしており、状態も良いので安心して利用できるのがメリットです。また、正規品はどのお店で買っても価格が同じという特徴もあります。ブランドの価値を維持するために定価販売を行っており、店舗独自の値引き制度などはありません。購入後のフォローも充実しています。しかし、高度なサービスのために販売価格が高くなりやすい傾向があります。

安く購入しやすい並行輸入品

並行輸入品は、海外の業者がメーカーから購入した時計を日本の業者が買い付けて販売しているもののことを指します。並行輸入品の特徴は、店舗側で値段の設定が可能なことです。メーカーと直接契約して仕入れた商品ではないので、定価販売する必要がありません。そのため、正規品よりも安く販売されていることが多いです。また、日本では発売されていないモデルや生産終了となっている過去のシリーズが売られていることもあります。ただし、店舗によってサービスが異なるので注意が必要です。独自のアフターサービスを充実させている店舗もありますが、ほどんど受けられない店舗もあります。店舗ごとに方針が異なるので、安心して買いたいのならサービスが充実している店舗を選ぶようにしましょう。

シャネルはフランスのブランドであり服や靴、化粧品やジュエリーなど幅広く扱っています。なかでもシャネルの時計はセラミックの外装をいち早く取り入れ、時計業界に革命を起こしました。